2011年08月01日

住宅ローン低金利競争の行方 について

悲しくなる話題や、思わずニヤッとしてしまう話ってたまにありますよね。
なんだこれって突っ込みを入れてくなるかも?
速報のことです。

☆★☆

住宅ローン低金利競争の行方
産経新聞 8月1日(月)15時10分配信

金融機関の間で、住宅ローンの金利競争が激しくなっています。なかには年1%を切る住宅ローン金利を提示するところもあり、顧客獲得が激しさを増しています。住宅ローンの基準となる金利は、1年以上の借入金の金利である「長期金利」。その代表的な指標となるのが10年物国債、いわゆる長期国債です。

長期国債の金利は日銀の金利政策のほか、為替など国内外の経済情勢によっても変動します。最近発行された10年債(315回債、表面利率1・2%)の利回りは7月28日時点で1・070%でした。

住宅ローンのタイプは大きく分けて、返済が終わるまで金利が半年ごとなどで変わる「変動金利型」、返済まで金利が変わらない「固定金利型」、一定期間のみ固定金利でその後は固定もしくは変動に変更される「固定金利選択型」があります。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110801-00000106-san-bus_all

★☆★



どうでしたか?
また、適当なときに、みにきてください。
では。


社会の変化が大きく様変わりしてきています。この変化の兆候はネットの世界にも影響が出てきています。そんな中で最近注目は、ワンボックス 売却申し込み中古車 下取り価格、また福島県 クレジットカードショッピング枠現金化長野県 クレジットカードショッピング枠現金化など多くなってきています。こういったキーワードは、消費者真理の一端かも知れません。そして、最近ではワンボックス カービュー登録中古車 売却一括査定、またショッピング枠 現金化 福島県ショッピング枠 現金化
長野県
なども検索回数が増えてきています。このように、社会の変化の一端が現れてきています。
posted by さいさい at 16:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。