2011年08月03日

<円高>市場は政府・日銀注視 閣僚のけん制発言相次ぐ ・・すごいかも

まあいろいろありますねって、なにが?
今日のお話はこれに決定。
今日は速報から、<円高>市場は政府・日銀注視 閣僚のけん制発言相次ぐ ・・すごいかもについて書いてみました。

☆★☆

<円高>市場は政府・日銀注視 閣僚のけん制発言相次ぐ
毎日新聞 8月3日(水)21時47分配信

3日の東京外国為替市場は一時、戦後初めて1ドル=76円台をつけ、閣僚からは円高をけん制する発言が相次ぎ、政府・日銀は対応に追われた。政府は3日、「経済情勢に関する検討会合」を開き、日銀と対応を協議した。日銀は4、5両日の金融政策決定会合で追加の金融緩和を検討する。金融緩和にあわせて円売り・ドル買いの為替介入に踏み切り、介入効果を高めるとの見方も出ており、市場は政府・日銀の対応を注視している。

「介入する以上、効果が最大限に出るよう最善を尽くす」。3日午後4時ごろ、円相場が1ドル=76円台をつけたころ、衆院内で野田佳彦財務相が語気を強めると、円相場は一気に77円30銭前後まで反落した。市場は日本政府の為替介入への警戒を強めており、野田財務相の発言に敏感に反応した形だ。ただ、約20分後には再び77円近くまで上昇、円高圧力の強さを見せつけた。

「経済情勢に関する検討会合」では、対ドル相場で円が1割高くなると、輸出が1.7%分減少し、国内総生産(GDP)を0.2%下押しするとの内閣府の試算が報告。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110803-00000100-mai-bus_all

★☆★



今回の話題はいかがですか?
やれやれ、やっとです。
さようなら!


社会の変化が大きく様変わりしてきています。これらの傾向は、インターネットの世界も同様です。そんな中で最近注目は、自動車 保険料契約更新損保 車保険料 比較、またオンライン 融資法人 名義など多くなってきています。こんなところにも、経済の移り変わりの一端が垣間見えてきています。さらに、や、また・なども注目されるところです。一例ではありますが、こういったところからも今後の社会の変化の兆候が読めるのではないでしょうか。
posted by さいさい at 22:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。